またも有名どころから。

Sedona / セドナ Steven Reineke (スティーヴン・ライニキー)

曲名から由来となる場所を知る方もいるようですが、割と有名な場所。詳しくは、アリゾナ州セドナ で検索してください。観光には結構いいところです。

さて曲ですが、これまた中高生がよくやるという印象があります(個人的ですね笑)。6分30秒くらいで、それほど難易度は高くありません。音源はYouTubeで調べればすぐ出てくるくらい有名なので割愛します。



・編成・
Piccolo
1st Flute
2nd Flute

Oboe
Bassoon

1st B Clarinet
2nd B Clarinet
3rd B Clarinet
Bass Clarinet

1st Alto Saxophone
2nd Alto Saxophone (or Alto Clarinet)
Tenor Saxophone
Baritone Saxophone

1st Trumpet
2nd Trumpet
3rd Trumpet

1st French Horn
2nd French Horn

1st Trombone
2nd Trombone
3rd Trombone

Euphonium
Tuba
String Bass

Mallets-(Glockencipel、Xylophone)
Mallets-(Chimes、Triangle、Mark Tree)
Timpani
Perccussion-(Snare Drum、Bass Drum)
Perccussion-(Symbal)


斜体は無くても演奏に支障がないものです。見ての通り、編成がそんなに大きくないので、40人程度のバンドでも問題なく演奏できます



・曲調など・

いわゆる「わかりやすい曲」です。
この曲が紹介されるときによく耳にするのは緩急がはっきりしている急→緩→急のように移りゆく、などなど。
スネアドラムからの軽快な音に始まり、連符の疾走感からのトランペットのファンファーレが印象的。大自然へのワクワク感、といったところでしょうか。
序盤は木管と金管とで目立つ場所が明確に分かれているので、ダイナミクスのつけ方次第で聴こえ方が変わります。

セドナの草原や自然を思わせるようなパッセージの後は、夕焼けを感じさせる緩やかなフレーズへ。この辺りから主に木管のソロ回しが始まります。どこか懐かしさのある旋律を聴かせられると、セドナっぽくなるかもしれません。笑
フルートのソロはフェルマータで終わり、そこへスネアドラムのフィルインで再び急へと移行します。

しばらくソロ回しが続き、その後は初めの旋律へリフレイン。似たフレーズが多く、初めと全く同じ吹き方だとつまらない上に、オーディエンスは飽きてしまいます。考えて演奏すると吉。



・難易度・

全体的に見ても、やはりそんなに難しくありません。10段階で4くらいでしょう。しかし先に書いたように、強弱をしっかりつけて、聴かせるところを聴かせられないと、上手い演奏にはなりません。
また、同じフレーズがよく出てくるので、飽きがこない演奏が求められます。
ソロはゆっくりなテンポから落ち着いて練習すれば問題ないでしょう。



・関連リンク・

スコア販売→ブレーン(輸入譜)
サンプルスコア→C.L.Barnhouse(サイト内「View」からPDFを開けます)
作曲者HP→Steven Reineke